髪を大事にしたいのであれば、シャンプーの仕方に気をつけよう

横を向きながらヘアアイロンを使う女性

大事な美容外科選び

ドライヤーとクシ

プチ整形のブームにより幅広い年齢層が手術を受けるようになりました

整形は第二次世界大戦後から日本でも、欧米人への憧れなどから、鼻を高くしたり、目を大きくする手術などが行われてきました。
しかしその時代は整形は芸能人や水商売などの女性が多く、一般の人はごく少数でした。
手術の話題もタブーでした。
1980年代からプチ整形がブームとなり、二重の手術を切開せずに行う埋没法の普及で、一気に一般の女性にも広まりました。
その後、2002年にアメリカでボトックス注射が美容目的で使用されるようになり、日本でも普及し始めました。
現在は、各種の切らないプチ整形や数種類のレーザー機械によるリフトアップなどを選ぶことができます。
また手術の技術も向上しているため、加齢によるたるみやしわを解消するための切るリフトアップ術も一般の人にまで広まっています。
最近では年齢層が広がり、また男性の整形などが一般的になり、整形を受ける人が増加していくものと見込まれます。

過大な期待や思い込みは心の中から排除しておきます

整形手術を受ける場合に、受ける患者の側の意識には三通りあります。
明らかな悩みやコンプレックスを解消したいと思っている人と、さらにきれいになりたいと思っていると、アンチエイジングのために受ける人です。
悩みやコンプレックスを解消して、暗くなりがちだった気分を明るくし、人生に前向きに取り組むことができるようになるので、整形は患者の人生のためになります。
反面、希望していたものと違う仕上がりになった、気に入らないと、自分で失敗と思い込んでしまうケースもあります。
アンチエイジングではしわをとりすぎて不自然に見えてしまうという危険もあります。
大事なことはカウンセリングです。
自分がどこまで手術で変えたいのかを自分ではっきりと決めます。
女性の場合は、プチ整形だけで、あとはお化粧の工夫で乗り越えられる部分も大きいと思われます。
過大な期待をしない、思い込みをしない、不要な手術を繰り返さないことを自分に言い聞かせておきます。